障害者入院病棟のご案内

障害者病棟(一般病棟)

障害者病棟とは一定比率以上で重度の肢体不自由者(脳卒中の後遺症患者様及び認知症の患者様を除く)・脊椎損傷等の患者様(脳卒中の後遺症の患者様及び認知症の患者様を除く)・重度の意識障害者の患者様に入院していただく病棟です。なぎ辻病院では、病状に関係なく入院いただけますので、ぜひ一度ご相談ください。

対象患者

難病、当院及び周辺地域在宅医療を受けている重度障害者
※双方で相談し入院を検討していきます

障害者施設等入院基本科病棟とは

当院の入院患者様は、意識障害のある方や寝たきりの方、常時吸引を必要とする患者様や経口的に食事ができない患者様が70%以上を占めています。

痰が多い場合は、感染防止や不快感の除去等呼吸管理に努め、経管栄養注入時には、体位の崩れや嘔吐がないよう注意して看護・介護を行っています。身体清潔については、入浴日以外は毎日全身清拭を行っています。感染防止と快適な療養生活のため、病室の換気やケア前後の手洗いの徹底を行っています。

患者様一人一人を身内と思い、自らがして欲しいと思うことは何かということを常に考え、ケアするように努力しています。

入院の手続きについて

入院相談 入院相談の窓口である地域連携課までご連絡下さい
医療法人 社団 恵仁会 なぎ辻病院
入院医療連携室 中橋・杉野 075-591-1157
入院申込 「診療情報提供書」をご準備いただきます
判定会議 入院の可否を検討いたします
入院 家族面談