予防接種-風しん

現在,首都圏や近畿圏において風しんが流行しており,京都市内でも昨年1年間の患者数を大幅に上回っている状況で,今後さらに拡大するおそれがあります。

 

また,風しんは免疫を持たない女性が妊娠中,特に妊娠初期にかかると、お腹の赤ちゃんが感染し,難聴や心疾患,白内障や緑内障などの障害(先天性風しん症候群)が生じる可能性があります。

 

 

対象者:接種日現在,次のいずれかに該当する満19歳以上の京都市民

(1)妊娠を希望している女性

(2)妊娠している女性の配偶者(事実婚関係にある方を含む。)

ただし,次のいずれかに該当する方は対象外とします。

·    麻しん風しん混合ワクチン又は風しんワクチンを過去に2回接種したことがある方

·    風しんにかかったことがある方

·    妊娠中の女性

※妊娠中は接種することができません。また,女性は接種前1か月及び接種後2か月は避妊する必要がありますのでご注意ください。

 

実施期間:平成26年3月31日まで

対象ワクチン:麻しん風しん混合ワクチン(MRワクチン)

※風しん単独ワクチンは対象外です。

 

自己負担金:3,500円

※1人1回限りです(1回の接種で95%以上の方が免疫を獲得し,その免疫は十数年持続するとされています。)。※平成25年6月30日以前に接種された方や,協力医療機関以外で接種された方への費用の還付は実施していませんのでご了承ください。

※接種日当日に発熱等の理由で接種できなかった場合の診察等に要する費用については,公費負担の対象となりません。

 

接種方法:完全予約制となっております。事前に必ず当院までご連絡ください。(ワクチンの在庫数により、ご希望日に添えない場合がございます。ご了承くださいませ。)

 

持参する書類

 (1)妊娠を希望している女性

・健康保険証,運転免許証等,年齢・住所が確認できる書類

 (2)妊娠している女性の配偶者

・健康保険証,運転免許証等,年齢・住所が確認できる書類

・出産予定の子の母子健康手帳